BLOGブログ

2020年04月21日

試合中に仲間に指示を出す時は◯◯を使ってはいけない

ブログ

皆さんは試合中に絶えず声を掛け合ってコミュニケーションをとり、プレーを円滑に実行されていることでしょう。

コートやフィールド上で仲間に対して指示を出すのはチームとして戦う上で当たり前のことですし、指示出し(声かけ)がなくては複数人の選手の意思を統率する事が出来ません。

そんな指示出しですが、是非とも気をつけてもらいたい事があります。

戦略を遂行するため、勝つために出している指示であっても、あるポイントを押さえずに指示を出してしまうことでマイナスに働いてしまう恐れがあるからです。

という事で、今回は指示だ出しの際に使ってはいけないあることについて解説していきたいと思います。

皆さんは指示出しの際に使ってはいけないものって何だと思いますか?

アイコンタクトでしょうか?

細かく言いすぎることでしょうか?

それともアバウトに言ってしまうことでしょうか?

正解は、この中のどれでもありません。

実は、

〝否定語で指示を出す〟

ということです。

否定語で指示を出すというのは、

「落ち着け!相手の挑発に乗るな!」

「踏ん張れ!なんとしてでもここは押されるな!」

「クヨクヨすんな。落ち込んでる場合じゃないぞ!」

みたいな言い方ですね。

「◯◯してはダメだ!」というニュアンスの言葉です。

多分、試合中にこういう言い方をしたり、されたことはあるのではないでしょうか。

この様な言い方がなぜ良くないのかというと、脳は否定語を否定として捉えられないからなんです。

例えば、私があなたに

「ピンク色の豚をイメージしないで下さい。」

と言ったとします。

でも、たぶんあなたは文を読みながらイメージしてしまいましたよね。

つまり、否定語の指示はそうなってはいけないのにそうなる方向の映像を仲間に見せてしまう事になるのです。

そして、人は映像に寄って行ってしまうという習性があります。

ですから、否定語を使うのではなくて、仲間に見せたい映像に導くための言葉を使う必要があるのです。

「挑発に乗るな」ではなく「冷静になれ!」

「押されるな」ではなく「押し返すぞ!」

「落ち込むな」ではなく「気合い入れてくぞ!」

という感じですね。

という事で、指示を出す際は否定語を使わずに、仲間を導きたい方向の言葉によってそこへいざなってあげて下さい

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

090-2377-3628