BLOGブログ

2019年08月04日

アスリートのパフォーマンスはコンフォートゾーン次第

コーチング用語集

コンフォートゾーンという言葉をご存知でしょうか。

コンフォートゾーンとはマインドにあるものなんですが、コンフォートは日本語で「居心地の良い」という意味であり、ゾーンは「領域」という意味です。

すなわち「心理的に居心地の良い領域」のことをいいます。

例えば、あなたがいつも食べに行くお店や、一緒にいる人、着る服の柄や色、そしてお昼ごはんにかける値段などを想像してみて下さい。

きっと、いつも同じようなものではないでしょうか。

これは、それらがあなたにとってのコンフォートゾーンだからです。

ですから、いつも定食屋を利用する人は気軽に高級料理店に立ち寄ったりしませんよね。また気まずい相手と一緒にいることはありませんし、ダーク色が好きな人がポップな柄を着ることもないでしょう。お昼にかけるごはん代が800円の人が5,000円かけるなんてことはまずないですよね。

人というのは居心地のいいコンフォートゾーンからなるべく外れないようにしようという生き物なのです。

もし、このコンフォートゾーンから外れようものならとてつもなく〝心地悪さ〟を感じ、急いでコンフォートゾーンに戻ろうとします。

この様に、コンフォートゾーンから外れないようにしようとする働き(また、外れてもコンフォートゾーンに戻ろうとする働き)の事をホメオスタシスと言います。

そして、このホメオスタシスがあるがゆえに人というのはなかなか変われない生き物なのです。

ですから、ベンチにいることがコンフォートゾーンになってしまっているアスリートは、監督の計らいでレギュラーで使ってもらっても、やってやるぞという意識とは裏腹に無意識が心地悪いと感じ、ホメオスタシスがミスを誘発してそそくさとベンチに下がってしまいます。

また、県大会ベスト16くらいがコンフォートゾーンになっているチームが優勝常連校相手に試合の序盤で2-0と勝ち越していると、これも「よし、行けるぞ!」という意識とは反対に無意識が勝っている状態を心地悪いと感じてホメオスタシスが働き、後半に大量失点してあっさりと負けてしまいます。

優勝常連校からすれば序盤に0-2で負けている状態を無意識が「これはまずいぞ!」と判断し、ホメオスタシスが働いて後半に大量得点することでコンフォートゾーンに引き戻したということが言えます。

この様に、アスリートのパフォーマンスはコンフォートゾーン次第なのです。

では、アスリートがパフォーマンスを効率的に上げていくにはどうすればいいでしょうか。

それは、言うまでもありませんが、コンフォートゾーンをズラす必要があります。

どこにズラすのかと言えば、自身の目標(ゴール)側からみて今なっているべき姿にです。

例えば、現状としてベンチにいるアスリートはベンチにいることがコンフォートゾーンになってしまっているわけですが、仮にその選手の目標が県大会で優勝しMVPを獲ることだとしましょう。

その様な選手の場合、目標から逆算した〝今なっているべき姿〟はベンチにいることではなく、すでにチームでレギュラーを張り、エースを務めている状態になります。

ベンチにいる状態から、レギュラーを張り、しかもエースである状態がコンフォートゾーンになる様にズラしてしまう必要があるということです。

コンフォートゾーンをズラす方法はビジュアライゼーションを用います。

ビジュアライゼーションとは、臨場感を強く伴って行う〝今なっているべき姿〟に対するメンタルリハーサルの様なものです。

(詳しくはビジュアライゼーションの回で解説します。)

ビジュアライゼーションによってしっかりと〝今なっているべき姿〟が無意識に刷り込まれると、脳はレギュラーを張り、エースである自分が自分らしいと判断し、そこを新しいコンフォートゾーンとして設定するようになるのです。

そして、そこが確実にコンフォートゾーンになってしまえば、どの様なことが起ころうとも無意識はレギュラーを張り、エースらしい活躍をするようにホメオスタシスを働かせ続けることになるのです。

いかがでしょうか。

この様に私たちのパフォーマンスはコンフォートゾーンをどこに設定するかによって大きく変わるのです。

もし、あなたがアスリートとしてもっと飛躍していきたいと思うなら、がむしゃらな努力をするのではなく、自分自身のコンフォートゾーンを変えていく事をしましょう。

 

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

090-2377-3628