BLOGブログ

2019年07月29日

トップアスリートの〝時間〟の捉え方

コーチング用語集

今回は時間の捉え方についてお話していきたいと思います。

時間にはおよそ3つの概念がありますよね。

「過去」「現在」「未来」

この3つです。

一般的に時間というのは過去から現在に流れ、更に未来へと流れていくと考えられています。

これは、過去に色んな体験を積み重ね、その積み上げてきたものの上に現在があり、そしてその先に未来があるという捉え方ですよね。

この様な時間の捉え方は西欧的、キリスト教的な考え方と言われています。

しかしながらトップアスリートはこの様な時間の捉え方はしません。

時間の流れを全く逆に捉えるのです。

 

時間は未来から現在に降り注ぎ、過去へと過ぎ去っていく

 

これは仏教のアビダルマ哲学に由来する時間の捉え方です。

なぜトップアスリートがこの様な時間の捉え方をするのかというとちゃんとした理由があります。

それは、時間が過去から現在を経由して未来へ流れると捉える場合、現在や未来がどうしても過去の影響を受けてしまうからです。

例えば、もしあなたがこれまでずっとベンチを温めてきたような選手だったら、どうでしょうか。

きっと現在もベンチにいる事の方が多いでしょうし、未来も大体同じようなものではないいでしょうか。

過去に県大会で2回戦に行くのがやっとだった選手は現在でもやはり2~3回戦位のところに落ち着いてしまいますし、未来も同じようなものでしょう。

過去の延長線上の現在や未来の事をコーチング用語でステータス・クオ(States Quo)と言いますが、過去の自分を基準とした考え方や生き方ではその先に大きな変化はなかなか起きないものです。

一方、トップアスリートの様に時間の流れが逆だと現在や未来は過去の影響を全く受けなくなります。

時間が経てば経つほど過去の出来事は更に過去の遠くへと過ぎ去っていきますから過去が現在や未来の足を引っ張ることが無くなるのです。

そして、未来から時間がやってくると捉えることにはもう1つ大きな利点があります。

それは、未来に目標を設定することによって、そこから逆算した〝今あるべき姿〟を明確に導き出せるということです。

選手にとって今あるべき姿を明確に導き出せることほど飛躍をさせてくれるものはありません。

なぜなら、いまあるべき姿が明確になるという事は、そこから何にどう取り組んでいけばいいかがわかるということだからです。

この様にトップアスリートというのは絶えず未来に目標を設定し、そこから逆算して今現在の姿を導き出すことによって、未来に向かって変化し続けている人なのです。

是非とも今この瞬間から〝時間は未来からやってくる〟という認識に切り替えて、未来の目標に対して今あるべき姿を追い求めていくようにしてみて下さい。

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

090-2377-3628